【語源シリーズ第2弾】「Address」の語源って何??

最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。


どうも、こんちゃん(@Takkun18209283)です。

今回は語源のシリーズ第2弾ということでaddressを紹介をしたいと思います。

addressは、テストに非常に出ます。しかも色々な意味がありますが、実は語源は1つだけです。その語源、イメージを1つ覚えておけば、他のたくさんある日本語訳に全部対応できます。

ということで今回は、addressの語源と、具体的にどう使うのか?というところを紹介していきたいと思います。

【接頭語・接尾語・語源】これを知ると英語が楽しく上達できる!

2019.12.21

 

addressの語源

addressは、add「〇〇の方向に向いて」「〇〇に」dress「まっすぐ」という意味です。

dressはdirectからきていて、同じ語源です。

つまり、「どこかの方向を向いてまっすぐ」というイメージです。

このイメージだけ頭の中で持っていれば、あとは、辞書に載っている日本語訳の全部に対応することができます。

今回は例文を6個紹介したいと思います。それぞれ「その方向を向いて」というイメージできちんと日本語に訳せますのでチェックしていきましょう。

 

addressの例文

address an audience

audienceは「聴衆」です。聴衆に向かって何をするかというと、「話しかける」「演説する」となります。addressには演説という意味があり、よく使われます。

つまり、「聴衆に演説する」という意味になります。

聴衆の方向を向いて何か働きかけるというイメージで、演説という日本語訳になります。

She turned to address the man on her left

She turned to address the man「彼女は男性にaddressするために振り向いた」。on her left「彼女の左にいる」。

では、addressは何かというと、今回は「話しかける」という意味ですね。

「話しかける」という意味があります。「彼女の左にいる男性に話しかけるために振り向いた」となります。

address the judge as Your Honor

judgeは「裁判官」です。つまり、「裁判官をas Your Honorとして」addressするとなります。

Honorは「閣下、高貴な身分の人」という意味です。

ここではaddressは「呼ぶ」という意味になります。(●●を△△の敬称で呼ぶ)

The letter should be addressed to the public information department

letterは「手紙」です。「手紙はaddressされるべきである」となります。何に対してかというと、 public information department「会社の広報部」です。広報部に対して手紙を「当てる、向ける」ということです。これは辞書を調べると、「〇〇の宛先を書く」というに日本語訳になります。

adddress my thanks to my host

my thanks「自分の感謝」をto my host「私の旦那、夫」に「address」するとなります。

ここでのaddressは、「述べる」という意味になります。

つまり文章の意味は「私の旦那に自分の感謝を述べる」ですね。

The guide addresses the important variations between the Microsoft and Netscape implementations

guide「ガイド、手引書」はimportant variations「重要な違い」に「address」しています。

ここではaddressは「~に焦点を当てる」という意味ですね。

ちなみに「重要な違い」というのは、マイクロソフトとネットスケープのimplementations「実行」の違いです。

つまり、「この手引書はマイクロソフトとネットスケープの実行の重要な違いに焦点を当てている」となります。

 

まとめ

今回、addressの6つの日本語訳を紹介しました。「その方向を向いて何か作用する」というイメージを知っていれば、日本語訳は自然と出てきます。

次の語源シリーズ第3弾もお楽しみに♪

【語源シリーズ第3弾】「outlet」の語源って何??

2020.02.06

最後までまでご覧いただきましてありがとうございます。

【接頭語・接尾語・語源】これを知ると英語が楽しく上達できる!

2019.12.21
最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。