【語源シリーズ第6弾】「engage」の語源って何??

最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

どうも、こんちゃん(@Takkun18209283)です。

今回は語源のシリーズ第6弾ということでengageを紹介をしたいと思います。

engageは、テストに非常に出ます。しかも色々な意味がありますが、実は語源は1つだけです。

その語源のイメージを1つ覚えておけば、他の日本語訳に全部対応できます。

ということで今回は、engageの語源と、具体的にどう使うのか?というところを紹介していきたいと思います。

【接頭語・接尾語・語源】これを知ると英語が楽しく上達できる!

2019.12.21

engageの語源

engageという単語は日本語でもエンゲージもしくはエンゲージメントって用いられ、知ってる方も結構いると思います。

「約束」「婚約」という意味で使われています。

しかし、実はそれ以外にも「従事させる」「没頭させる」「雇う」という意味もあります。

こんなに沢山の意味があると混乱してしまいますよね。

なので、今回は1つの語源イメージを覚えるだけでOKです。

それは、「制約の中に入れる」というイメージです。

このイメージだけ頭の中で持っていれば、あとは、辞書に載っている全部の日本語訳に対応することができます。

ではそれがどうしてこういう日本語になるのかを、以下の4つの例文とともに見ていきましょう。

 

engageの例文

I am engaged in business.

businessは「仕事」です。「仕事」という「約束の中に入れられている」ということで、「従事させる」「没頭させる」という意味になります。

もしくは、business の代わりに自分がやっている仕事の内容を入れると、「私はこの仕事内容に従事している」という意味になります。

いうことで「従事させる」「没頭させる」という日本語になります。

engage two new employees

これは「2人の新しい従業員を約束の中に入れる」となり、つまり「囲う」「雇う」という意味になります。

なんとなくこれもイメージしやすいと思います。

John is engaged to Ann

これが一番なじみがあると思いますが、これは「ジョン」は「アン」 の「約束の中に入ってる」となり、「婚約している」という意味になります。

つまり、既に約束されているということで、婚約しているということになります。

He engaged to pay back his debits.

最後に紹介する例文は「彼は借金返済の約束の中に入れられている」となり、文脈からして「借金を抱えている」ということになります。

 

まとめ

ということで今回は、engageの4つの日本語訳を紹介しました。「何かの制約の中に入れる」というイメージを知っていれば、日本語訳は自然と出てきます。

それでは次回の語源シリーズ第7弾でお会いしましょう。

【語源シリーズ第7弾】「name」から派生した単語を紹介

2020.01.08

【接頭語・接尾語・語源】これを知ると英語が楽しく上達できる!

2019.12.21
最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。