【早起きのコツ】翌朝やることを具体的に決めてから寝よう

最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

どうも、こんちゃん(@Takkun18209283)です。

いつも早起きに失敗する・・・

起きれてもうとうとして作業がはかどらない・・・

今回はこのような悩みをお持ちの方に、早起きのコツをテーマにお話をしたいと思います。

ちなみに僕は最近、毎日5時に早起きをしていますが、以前まで早起きは苦手でした(笑)。

でも、あることをやってから寝るようにすると、早起きできる確率がぐんと上がったのです。

 

早起きのコツは翌朝やることを事前に決めること

ズバリ!早起きする上で大事なことは、「翌朝やることを決めてから寝る」ということです。

とってもシンプルですよね?これならあなたもすぐにできるはずです。

逆に朝から何をするのかを決めないで、早起きするのは”明確な理由がない”状態なので中々難しいです。

【参考】早起きのコツ(早起きする目的を明確にする)はこちらから

僕の場合、翌朝やることを決めずに寝ると、朝アラームが鳴った際に、「もうちょっと寝てよっと」と簡単に甘えてしまうんですよね(笑)。

だって、起きなかったところで「〇〇ができなかった(泣)」の”〇〇”の部分が無いわけなので、当然です。

だから寝る前に翌朝やることを具体的に決めておくこと。

例え、これを決めずに翌朝起きられたとしても、起きてボケーっと無駄に時間を過ごしてしまう可能性が高いです。(←以前の僕です笑)

僕も早起きしたものの、パソコンをずっと眺めているだけで、なかなか作業が進まないということもありました・・・

この場合、”起きること自体”がゴールになっているので、スイッチが入らないんですよね。

早起きは目的ではなくて手段です。

せっかく早起きをするのであれば、寝る前にしっかりやることを明確にしておきましょう。

 

早朝にやると良いこと

ここからは朝におすすめの作業(勉強)を紹介したいと思います。

朝は脳のゴールデンタイムとも呼ばれています。折角早起きしたからには”朝の時間帯に適している作業”をやりたいですよね。

ということで、朝におすすめの作業はこちらです。

  1. 前日の復習
  2. 頭を使う作業/勉強

僕の場合、これらを完全にルーチン化して毎朝やっています。

前日の復習

これは睡眠を活用した学習方法です。

人は睡眠中に脳内の記憶が整理されて記憶の定着が促進されます(特に寝る直前の情報が優先的に整理されます)。

そのため、下記の流れで勉強すれば睡眠を活用して効率的に学習ができるのです。

就寝の直前に1日の勉強内容を復習→睡眠→起床後再度復習

また、前夜に復習した内容は、翌朝「すーーーーっ」と簡単に思い出すことができるので、達成感を感じることもできます。

そしてこの達成感により勉強や早起きの習慣が強化されます。

※達成感により脳でドーパミンが分泌され、ドーパミンが分泌されると脳は「また再現したい!」と考える性質があるので、習慣が強化されます。(少し複雑な話ですが・・・)

頭を使う作業/勉強

起床後の1,2時間は1日でも最も集中力が高い時間帯です。

この時間では集中力や頭を使う作業をするのが効率的です。

僕の場合は、早朝には「TOEICの問題集を解く」「記事を書く」「YouTube動画を撮る」などをしています。

間違っても暗記等、頭を使って考える必要のないことをしないようにしてくださいね。

※先述の前日の復習の際に、前日にやった単語をふり返るのは、睡眠とのシナジー効果が期待できるのでOKです。ただ、このような暗記系を朝の時間帯に長時間やるのはもったいないので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いつも早起きに失敗している人は、是非翌朝やることを明確に決めてから寝るようにしてみてください。

これだけで早起きできる可能性は高くなるはずです。

いや、絶対起きましょう!

ということで明日の朝早起きできることを願って、この記事はこれにて終わりにしたいと思います。

最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。