必見!TOEIC試験勉強中の「辛い」や「めんどくさい」撃退方法

めんどくさいくて勉強が続かない
最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

今日も一所懸命働いてへとへとで帰ってききました。

頑張った自分のご褒美にと、ビールでもいっぱいひっかけたい。

でもふと頭をよぎる

 

「あっでも今月のTOEIC試験があるし、疲れてるけど勉強頑張らないとなぁ…はぁ~」

 

そのため息が出てしまう気持ち、

ホント辛いですよね。めんどくさいですよね。

それでもやらないといけないあなたは、心と体に鞭打って机に向かいます。

でも数分後

「あー!ぜんぜんモチベーションがあがらない!」

あなたなら、こんな時どうしていますか?

 

 

実はこの“辛い”“めんどくさい”には対策方法があるんです。

この記事では、その対策方法を紹介していきたいと思います。

頑張っているあなたの、さらなる頑張りを呼び起こす為に、この記事を利用してみてください!

 

 

 

TOEICの勉強はじめたばかりで、“辛い”“めんどくさい”理由と対策

TOEICを始めたばかりで陥りやすいのが

「良し!TOEICの高得点目指して、今日からとりあえず気合を入れて、三時間頑張ろう!」

と意気込むが、やがて数日がたつと

「今日は、疲れちゃったし、辛いし、まぁ明日からまた頑張ればいいや」

となって三日坊主で終わってしまうパターン

この三日坊主になるのは、脳のメカニズム”が関係しています。

三日坊主になる、“辛い””めんどくさい”理由

基本的に人の脳は、”新しいことをするのを嫌がる傾向”にあります。

だからけして、あなただけのとくべつ悩みではありません。だれでも陥る悩みなのです。

「脳は新しいことをする」や「生活に大きい変化」があると、脳は考えることが増えて、それをストレスとして感じるようにできています。

だから逆に”ずーっと動画見たり”や”スマフォゲームをひたすらやり続けたり”してしまうのは、脳が何も考えなくていいのでストレスを感じないからです。

ではどうすればいいか?

それは、TOEICの勉強を習慣化すればいいのです。

「気合を入れて頑張る」から「習慣化して生活に取り込む」

に変化させればいいのです。

誰でも経験あると思います。
例えばバイトを始めたころは行くのがつらいけど、慣れるとなんてことない

ってなりますよね?

あれと一緒です。

 

ただTOEICの勉強は、バイトと違って、強制ではないという事です。

自分でコントロールしないといけません。

 

勉強を習慣化!”辛い””めんどくさい”を克服してモチベーションを上げよう

あーでも自分は意思が弱いから難しいかも

とお思いの方大丈夫です。

習慣化にはコツがあります。

これはTOEICの勉強以外でも使えるので、是非試してください。

新しいことを習慣化するには、三つのステップが必要です。

習慣化への三つのステップ

①目標設定。

まずは目標を設定します。コツはできるだけ具体的な方がいいです。

たとえば、一年後TOEICのスコアを700以上取る

このように、数字があると解かりやすいです。

さらにコツとしては期限を決めること。これがとても大事です。

②目標への細かいステップを決める

今度は先ほど考えた目標を実現するためには、何時間の勉強時間が必要かを考えます。

 

例えば、500時間必要だとします。

そしたらこれを、一年で割ります。

500÷365=だいたい一日、1時間50分くらい。

ただ仕事がある人がいると思うので、土日に多く勉強するとします。

500÷52=9時間40分くらい

平日1時間×5日+土日2時間30分×2=10時間

 

平日一時間、土日2時間30分だとそんなに大変ではないかと思います。

ただし、はじめのはじめ、20分とかにしましょう。

そして二週間くらい頑張れたら、少しづつ時間を延ばしていきましょう。

 

人は、小さな成功を積み重ねると、モチベーションが上がります。

逆に小さな失敗を重ねるとモチベーションが下がります。

 

 

ですから、最初は5分でもいいです。一日の目標を簡単にしましょう。

そして、達成出来たら自分をほめてあげましょう。

これがとても大事です。

この積み重ねが、習慣化につながります。

③生活の中にちりばめる。

とは言っても、なかなか手につかないという人いますよね?

そんな人には、生活にちりばめてルーティーン化すればいいのです。

例えば、

  • 帰ってきて着替える前に5分勉強するとか
  • ご飯の前に5分勉強するとか
  • あとは通勤電車の行き帰りで10分ずつ勉強するとか

 

生活に勉強を盛り込むと、習慣化に一歩近づきます。

ちょっとしたコツ

これは、私も実践しているテクニックです。

それは、境で役割を変える”ことです。

なんのこっちゃですよね。

これは勉強をする場所と、生活をする場所を分けるというテクニックです。

例えば本を読んだり動画を観たりする空間と、勉強しかしない勉強部屋みたいなものを作って、勉強部屋では勉強しかしないようにするんです。

その空間には、気が散るような他のものは排除します。

作家さんが、ホテルで執筆活動するのと同じ原理です。

別に一日中缶詰に成れとは言っていません。

環境でやることを決めておけば、脳も他の事に気を取られず自動的に勉強モードになるので、いちいち気合を入れる必要がなくなり、ストレスも軽減されて集中しやすくなるからです。

 

TOEICスコアの伸び悩みで”辛い””めんどくさい””やる気でない”の理由と対策

TOEIC勉強も習慣化出来て順調に頑張れている。

しかし結果がついてこない。

これは辛い。

こんな時はどうすればいいのでしょうか・

上達しないで“辛い”“めんどくさい”の性質を理解する

まずは、この”辛い”の性質を理解しましょう。それが解決への近道です。

やる気が出ないのは貴方の心の問題?

あなたは、もしかしたら自己嫌悪に陥ていませんか?

自己嫌悪に陥る人は、全部自分のせいにしてしまういい人なんでしょう。

でも、この自己嫌悪というのは、あなたの成長を阻む厄介な奴なんです。

本当は自己嫌悪になる必要なんてないのです。

やる気が出ないのは、TOEICというテストの性質上の問題

TOEICの英語というか、そもそも語学というのは上達が分かりにくいのものです。

そもそも学んだ英語を、使う機会がないからです

使わないから、

  • 上達が分かりにくい
  • 手ごたえを感じづらい

のです。

そしてTOEICには合格不合格が存在しません。

ですから達成感を感じづらいのです。

だからあなたのせいではありません。

伸び悩み解決して、”辛い””めんどくさい”から脱出しよう。

そしてもう一つ

いくら勉強しても、成績が上がらないのは、それはそもそも勉強方法が間違っていることがほとんどです。

何かに挑戦して失敗する人のほとんどが陥るのが、自分のせいにして、挑戦をあきらめてしまう事です。

貴方のせいではありません、勉強方法=手段が間違っているのです。

貴方にその勉強方法があっていないのです。

ですから、勉強方法なんて、調べればいくらでもあります、あなたに合った勉強方法を見つけましょう。

もう一度言います。あなたが成績が伸び悩んでいるのは、あなたのせいではありません!!

TOEICの勉強に”飽きた” モチベーションが上がらないワケ

勉強も習慣化できて、自分に合った勉強法も見つかった。

しかし、何だろう…飽きてしまった。

あぁ、どうしようモチベーションが上がらない!

なぜ飽きたのか?なぜモチベーションが上がらないのか?

なぜ飽きてしまったのか、そう感じたあなたの感覚は正しいです。

TOEICの試験で出題される英文は、基本つまらないのです。

そもそも語学を記憶すること、英単語を記憶することだって単純な作業なのです。

それなのにTOEICの問題の出てくる、英文の内容は単純で面白くありません。

日本語で言えば、スーパーのチラシを眺めている感覚に近いです。

それ程、TOEICの問題に出てくる文章は、好奇心を刺激されるような内容ではないという事です。

単純作業で飽きてします。

 

もっと楽しんで勉強出来たらいいのに!

と考えている方には、新しい勉強方法を伝授します。

 

 

飽きてやる気が出ない方に、新しい学び方法を伝授!

TOEICの勉強に飽きたら、洋画、海外ドラマ、洋書を読むことをお勧めします。

これらはよく練り込まれたストーリーが展開されているので、英語を楽しみながら学べます。

アニメ好きなら、海外アニメを見る、もしくは、日本のアニメの英語の吹き替え版を見るのもいいかもしれません。

これはひとつの例ですが、このようにして、気分転換するのは必要なことです。

楽しむことが一番継続する秘訣なのです。

ただがむしゃらに勉強することも対絶ですが、その方向性が間違っていたら、方向転換ずることが何よりも大事なのです。

勉強する方法はいくらでもありますから。

まとめ

いかかでしたか?

この記事で、あなたのTOEICの勉強に対する負の感情、”辛い””めんどくさい”の対処方法が分かったと思います。

  1. まずは習慣化を身に付ける、
  2. 伸び悩んでも自己嫌悪するのではなくて、勉強方法を変えてみる。
  3. 飽きたら、楽しんで英語を学ぶ方法をさぐる

一番の秘訣は、あなたのせいではなくて、手段が間違っているということ。そして楽しむこと。

ぜひ、活用してください。

最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。