習慣化に”失敗は存在しない”2つの理由

最初に見てね

僕について:TOEIC900点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

どうも、こんちゃん(@Takkun18209283)です。

今回は、習慣化に失敗は存在しないというテーマでお話をしたいと思います。

check
  • 習慣化がなかなか上手くいかない。失敗した。
  • 習慣化に挫折した

このような方はたくさんいると思いますが、まず失敗なんて存在しませんそもそも習慣化において失敗という概念がおかしいと思います。

これがどういうことか、今回はお話をしたいと思います。

 

その習慣は必要?必要じゃないから失敗する

例えば、「朝早起きをする」という習慣を身につけたいとします。そして、出来なかったとします。でも、これ、僕は失敗じゃないと思っています。「あなたにとって早起きする必要性がなかった」これに尽きます。絶対に必要なことであれば、必ず出来ます。

例1:必要だから成功する

例えば明日、待ちにまったヨーロッパ旅行に行けるとします。このわくわくしている状態で、明日早起きできないなんてことはあり得ません。

「ヨーロッパに行きたい!楽しみ!」と思っているので、早起きすることが出来るわけです。

例2:必要ないから失敗する

今度は、反対の場合を極端な例でお話します。例えば、とあるニートがいるとします。そのニートが明日「4時に起きろ」と言われて起きるでしょうか。恐らくアラームを鳴らしても、起きることは出来ないと思います。これは、失敗なのかというと僕は失敗ではないと思っています

そもそもニートの方が、朝4時に起きれなかったとしても、失うものはありません。そもそも4時に起きる必要性はありません。つまり、必要性がないことが出来なかったとしても、それは失敗とはいいません。

人間って自分にとって必ず必要なものは、必ずやるようになっています。もしあなたが朝早起き出来ないのであれば、それはあなたにとって早起きは必要ではないからです。

 

必要性を見つけられないことが失敗

敢えて、「失敗」を定義するのであれば、先ほどのニートの例でいうと、朝起きれなかったことではありません。朝早起きして何をやるのか、朝早起きをすることの必要性を見つけられなかったことです。これが失敗です。

また、彼が特に考えず、目標もなく生きているとします。このこと自体が失敗です。

そうではなく、

「こうありたい」「家族で幸せになりたい」「いろんなところに旅行に行きたい」

「お金が必要だから、お金を稼ぐ」「ビジネスで成功させる!」

「じゃあ自分は勉強しないといけない!だから朝の時間を使う」

「朝、早起きをして勉強する」

これを見つけることが必要です。この流れを見つけられていないことが全ての根源です。

あえて失敗というものを定義するのであれば、この人生のゴールを見つけられていないこと、見つけようとしていないことが失敗だと思います。

なので、成功失敗問題ではなく、もっとその先にある人生のゴールや必要性を探してください。

 

失敗は成功に必要なもの

先ほどの人生のゴールを見つけたとします。

「僕は成功したいから明日絶対に起きる!」と決めていても、何らかの理由で起きれないということがあると思います。でもこれも、失敗ではありません。

何故かというと、成功するためには失敗は絶対に必要だからです。

僕も今朝早起き出来ていますが、その裏には何回もの失敗がありました。その失敗を毎回毎回分析して、これは今回はこういう原因だな、じゃあこうしたらいいんじゃないかっていうのを都度都度考えました。

その改善案を考えて、それを何回も試して、自分にあったものを探してきました。そうすると、自分だけのノウハウが残るわけです。これが自分の成功につながります。

 

そもそも失敗がないと、成功なんてありません。

例えば、本に書いてあるノウハウを読んで全部実践すれば出来るかというと、簡単ではありません。その中には、自分に合わないものもあったりするわけです。トライ&エラーを繰り返して、合うものだけを選ぶという風にやっていきます。失敗を経験しないと、自分にとって合う方法や成功法は見つかりません。

そういう意味で言うと、失敗というものは存在しません。朝早起きできなかったというのは、早起きを習慣化するためのプロセスに過ぎないわけです。

 

まとめ

僕はどう考えても、習慣化における失敗なんてないと思っています。

今回、早起きの例を紹介しましたが、ダイエットや読書等他の習慣化においても同じだと思っています。失敗という概念は、まず無くしましょう。

さらに、今回の話には隠されたメッセージが2つあります。1つは、自分にとって本当に必要な人生のゴールをちゃんと見つけましょうということ。もう1つは、たとえ失敗したとしても、それは失敗ではありません。それを分析して成功に繋げましょう。この分析というのが大事になってきます。そうすると失敗なんて存在しないということです。

ということで今回は習慣化に失敗はないというテーマでお話をさせていただきました。最後までご覧頂きましてありがとうございます。

最後に見てね

僕について:TOEIC900点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。