【簡単!】潜在意識は〇〇したら上手く書き換えられる!

最初に見てね

僕について:TOEIC900点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

こんにちは、こんちゃんです。

今回は、潜在意識に刷り込むコツを紹介していきたいとおもいます

潜在意識に何か情報を刷り込むと、それが実現するってよく言いますよね。

例えば、実現したいこと、成功したいこと等がある場合、潜在意識の中に「僕は成功できる!」ということを刷り込みます。そうすると、実際に出来ると言われています

 

潜在意識に語りかけることは難しい

潜在意識に情報を刷り込むためには、潜在意識に語りかけていく必要があります。

ただ、潜在意識に情報を刷り込むことは結構難しいです。なぜなら、言えば言うほど逆を想像してしまうからです。

 

【一般的なやり方】夜に潜在意識に語りかける

よく言われているのは夜に語りかけることです。寝る前のウトウトしている時に潜在意識に対して語りかけます。「僕はできる!」と、考えたり言葉に出したりします。

うとうとしている時は、潜在意識にアクセスしやすいので、その時に潜在意識に語りかけます。

 

【一般的なやり方】朝に潜在意識に語りかける

朝起きた時の半起き状態の時に潜在意識に語りかけます。例えば、目は覚めているけども、まだ目は閉じているときです。

僕も、この方法をやっていたんですけど、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともありました。
上手くいかない理由は、朝のウトウトが足りないからですウトウトが足りないと、まだ脳が起きている状態なので、逆を想像してしまいます。これをどうすればいいんだろう?ということで、考えた方法をご紹介します!

 

【必見!】こんちゃん考案の潜在意識への語りかけ方!

朝、潜在意識に語りかけると、失敗することがありました。そこで、僕が考えたのは、「寝起きに夢を思い出しながら潜在意識に語りかける」という方法です。

朝に夢を思い出す

この方法は、寝起きにやります。朝起きて、夢を思い出します。「あれ、なんかこれ見たな・・夢で・・」と考えます。

起きてすぐやるので、目は閉じたままの半起き状態です。この状態の時に、潜在意識に刷り込むのが良いと思います。

メリット

この方法のメリットは2つあります。

1つはウトウトしている状態で出来ること(つまり潜在意識にアクセスしやすい状況です)。もう1つは、逆を想像する余地がないことです。頭の中で夢のことを考えているので、逆のことを考えるまでには至りません。

声に出す

夢を思い出しながら「自分がやりたいこと」、「自分はこうだ!」ということを潜在意識に刷り込むために、声に出します。

頭の中で夢を思い出しながら、声で自分がやりたいことや願いを発することによって、無意識の中で、願いについても考えてくれてると思います。何より、耳が願いを聞いてくれているので、それが潜在意識に届いてくれていると思います。

そのため、声に出すというのが、非常に効果的だと思います。

 

まとめ

今回は、潜在意識にうまく刷り込むコツを紹介させていただきました。ただし、これが正しい方法がどうかというのは言えません。
ただ、僕はこの方法で、実際、逆を想像せずに潜在意識に語りかけることができています。

みなさんも、ぜひ参考にしていただければと思います。最後までご覧いただきましてありがとうございます。

最後に見てね

僕について:TOEIC900点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。