【完全攻略】TOEICのPart7対策!正しい勉強法やコツを徹底解説。

最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

どうも、こんちゃん(@Takkun18209283)です!

 

TOEICPart7が難しすぎて辛い・・・』

『Part7の勉強法に自信が持てない・・・』

 

このような人は多いのではないでしょうか。

翔太くん
僕はPart7が大の苦手で・・・長文を見るだけで拒否反応が…
こんちゃん
僕ももともと国語が苦手なのでPart7の読解系は好きではありません(笑)ただしボリュームは多いですが難解な問題は多くないのでしっかり対策すれば誰でも高得点は取れます

ということで、TOEICの中でも配点が最も高く最重要であるPart7を攻略するコツ勉強法を解説します。

 

TOEIC Part7の概要と特徴

Part7問題形式

TOEIC Part7は長文読解です。TOEIC試験の全Partの中でも最も大きな割合を占めるPartです。

時間内に大量の問題を解く必要があるため、英語力だけでなく『集中力』や『根気』も必要とされ、多くの受験生が頭を悩ますPartでもあります。

また、Part7には3つの形式があります。

1つの文章ブロックを読んで設問に答える『シングルパッセージ』、そして文章ブロックが2つ、3つの場合はそれぞれ『ダブルパッセージ』『トリプルパッセージ』と呼ばれます。

 

Part7問題数

TOEIC Part7の問題数は54問です。

全Partの中で最も問題数が多く全体の27%を占めます。

こんちゃん
Part7はTOEICの中でも一番の難関で配点も最も大きいので一番大事なPartとも言えます。

54問の内訳はこちらの通りです。

  • シングルパッセージ(29問)
  • ダブルパッセージ(10問)
  • トリプルパッセージ(15問)

 

Part7時間配分

TOEIC Part7を解く際の時間配分の目安は『55』です。

こんちゃん
参考までにリーディングパート全体の時間配分(目安)はこちらです!

Part5(30問):10分(1問20秒)
Part6(16問):10分(1問37秒)
Part7(54問):55分1問55秒

平均すると1問55秒で解くペースになります。

 

TOEIC Part7を攻略する上で重要なポイント

こんちゃん
TOEIC Part7を攻略する上で重要な3つのポイントについて紹介していきます!

長文読解力

何と言ってもPart7の長文問題では『長文読解力』が求められます。

また正確性と読むスピードの両方が必要となります。

こんちゃん
Part7は年々長文のボリュームが増えてきているので、速読力の重要性も増してきています。
翔太くん
速読は苦手です…でも速読力や読解力ってすぐに習得できるものではありませんよね?おすすめの勉強法はありますか?
こんちゃん
勉強法については記事の後半で詳しく説明しますね!

 

語彙力

Part7では全部で約3,000ものワードが出てきます。

つまり、他のPartと比較してもかなり語彙力が必要とされるPartになります。

こんちゃん
実際、Part3や4と比較しても出てくる語彙は少し難しめのものが多いです。
翔太くん
えっ…
こんちゃん
とはいってもTOEICで出題される語彙はかなり限られているので単語帳でしっかり勉強すれば大半の単語はカバーできますよ。詳しくは記事の後半で説明します。

 

正解箇所を見つける力

Part7では読解力と語彙力の他にも『正解箇所を見つける力』も必要になります。

というのも、設問でかなりピンポイントな情報が求められることもあるので、その際に本文のどこに情報が記載されていたのかを素早くで判断する必要があります。

翔太くん
正解箇所を素早く見つけるにはどうしたらよいですか?
こんちゃん
経験や慣れも必要ですが、『先読み』や『全体像を常に把握しながら読む』ことで正解箇所を素早く見つけることができるようになりますよ。詳しくは記事の後半で紹介していきます。

 

TOEIC Part7を攻略するための勉強法

こんちゃん
ここからはPart7を攻略するための勉強法について詳しく説明していきます!

問題集を何度も精読・音読する

Part7の勉強法は『精読』と『音読』の反復に尽きます。

流れとしては『問題を解く→精読→音読(→速読)』というイメージです。

こんちゃん
問題はまずは公式問題集を優先的にやりましょう!それが終わったら別途Part7専用の参考書を買うのもありです。詳細は記事の最後に紹介します。

精読』については、意味が分からない単語や文法があれば都度調べながら、完全に本文を理解できるように読み込みましょう。

こんちゃん
この精読のフェーズを飛ばして『速読』の練習をする人がいますが、『精読』できない状態で『速読』してもあまり効果は期待できません。基本的なことができていない状態で無理に速く読もうとしても結局内容が頭に入ってきませんので。

そして内容をしっかり理解できたら『音読』を何度も繰り返しましょう。

音読の際には下記の点に注意しながら、30回を目安に読み込みましょう。(同じ文章を30回反復)

音読の際の注意点
  • 意味を理解しながら読む
  • 文法や構文を意識しながら読む
こんちゃん
上記2つを両方同時には難しいと思うので1度に意識するのはどちらか一方でOKです。
翔太くん
30回はかなりタフですね…
こんちゃん
地道にやりましょう。僕もこれまで100人以上の英語指導をしてきましたが、30回音読を2,3か月継続して成果が出なかった生徒は1人もいません。また反復の重要性がわかる、僕が好きな言葉を紹介しますね。

英語学習は「知的作業」であると同時に、何よりも「身に着ける」作業です。知的に理解したあとは、スポーツのように繰り返し練習し、「コツを体得する」ものです。

究極の英語学習法K/H System(入門編)より引用

また『精読』と『音読』が終わって余裕があれば『速読』にもチャレンジしてみましょう。

こんちゃん
ただし、『精読』と『音読』をしっかりやっていれば自然と『速読力』も付くので『速読』の練習は必須ではありません

速読は毎回時間を計りながら時間内に全文を読み切る訓練をしてみてください。

回数を重ねるごとに制限時間を短くして負荷をかけると徐々に速く読むことに慣れてきます。

 

単語帳

続いてはPart7を攻略するあtめに必要な語彙力を付けるための勉強法です。

これは単語帳での勉強がメインになりますが、問題集を解く際にわからない単語がでてきたら都度覚えるようにしましょう

こんちゃん
単語帳よりも問題集のほうが文脈の中で単語を覚えられるので記憶に残りやすいというメリットもありますよ!

【TOEIC】単語帳はいらないって本当!?元英語講師が効率的学習方法を解説

2020.02.04
翔太くん
おススメの単語帳はありますか?
こんちゃん
まずは金のフレーズをおすすめします!詳しくはこちらの記事で紹介しています。

TOEIC700点以上を目指す人に必要な参考書・単語帳はこれだけ!おすすめを紹介。

2020.04.11

 

問題の解き方を学ぶ

これは問題集を解くことで自然と身に着けることもできますが、『究極のゼミPart7』で問題パターンごとの解き方を体系的に学ぶのもおススメです。

こんちゃん
『究極のゼミPart7』については記事の最後で紹介しますね!

 

TOEIC Part7のコツ・テクニック

先読みする

Part7も『先読み』をしてから本文を読み始めましょう。

Part3,4と違ってPart7はかなり情報量が多いので、あとから設問を見て本文に戻るとなるとかなり時間のロスになります

こんちゃん
設問を全て頭に入れることは難しいですが、特にピンポイント型の問題(全体像ではなく細かな情報を問う問題)は最低限頭に入れて本文を読むようにしましょう。

 

全部読む必要がある

Part7を攻略するためにはしっかりと『全文を読む』必要があります。

ときどき『設問で問われている箇所をスキミング(必要な箇所だけ読む)して読みましょう』という人がいます。

しかし、特に近年のTOEICは全文をしっかり読まないと解けない問題が増えてきているので、必ず全文を読むようにしましょう。

こんちゃん
特にTOEIC700点以上を目指す人であれば、必ず全文を読むようにしましょう。一方で、500点~600点を目指すのであればスキミングで荒く読んでも多少は正解できるので問題ありません。

※ただししっかり全文を精読・速読できる力を付けるためにもスキミングはあまりお勧めしません。

 

NOT問題は捨てる

TOEIC目標スコアが800点以下の人はNOT問題は”捨てる”(解かない)というのも一つの方法です。

NOT問題とは
下記のように本文で言及されて「いない」ことを選択肢から選ぶ問題です。
What is NOT mentioned in the ~.(~で言及されて”いない”ものは何ですか?)

何故ならば、Part7のNOT問題はコスパが非常に悪いからです。

こんちゃん
NOT問題の場合はそれぞれの選択肢について本文で”述べられていない”ことを確認する必要があるので確認範囲が広く時間がかかってしまいます
翔太くん
なるほど、確かにその時間があれば他の問題を解いた方が効率よく点数を取れそうですね!
こんちゃん
とはいえ、”完全に捨てる”というのは少しもったいないので、一応選択肢全てに目を通して、勘で選ぶのをおすすめします(笑)

 

Part7から解く(後ろから解く)(リンク)

これはリーディングパート全体の戦略になりますが、『Part7→Part6→Part5』の順で解くだけでスコアがかなりUPすることもあります。

翔太くん
えっ、なんででしょうか?
こんちゃん
時間配分が強制的に最適化されるからです。多くの人は、悩んでも仕方ないPart5(知識問題)に時間を使い過ぎて、時間があれば解けたはずのPart7のスコアを落としてしまいます。それを逆の順番で解いてPart5を試験終了間際に解くことで無駄に悩む時間を減らすことができるわけです。
翔太くん
そうなんですね。僕も次からPart7から解いてみます!
こんちゃん
これは人によっては凄くスコアが伸びますが、逆にペースが乱れるという人もいるので、何度か試してみて自分に合ってるか確認してみてくださいね!

 

TOEIC Part7のおすすめ参考書・問題集

奈菜ちゃん
おススメの参考書や問題集を教えてください!
こんちゃん
Part7も公式問題集がベースになりますが、その他でPart7に特化したおススメの問題集を2つ紹介しますね!

 

TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7

始めに紹介するのが『TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7』です。

究極のゼミシリーズは、

  • 問題のパターンを解説
  • パターンごとの解き方を解説

してくれているので英語力だけでなく『解き方』の訓練にもなります。

こんちゃん
僕も使ったことがありますが、TOEIC初心者の方はもちろんですが、上級者の方でもすごく勉強になりますよ!

 

TOEICテスト新形式精選模試リーディング

もう一つ紹介するのが『TOEICテスト新形式精選模試リーディング』です。

この問題集は本番試験よりも難しめに作られているので上級者向け(現在700点前後~の人)の問題集です。

こんちゃん
問題集としては凄く評価が高くてAmazonでも★4.5の高評価です。個人的には問題ごとの正解率がわかったり詳しい解説もあり、かなり完成度の高い問題集だと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Part7はTOEIC試験の中でも最も配点が大きく重要なPartです。

ここを攻略できればスコアも大幅に伸びるので是非今回紹介した勉強法やコツを試してみてくださいね♪

【完全攻略】TOEICの全Part1~7対策!勉強法やコツを徹底解説。

2020.04.16

 

最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。