【参考書レビュー】TOEIC L&Rテスト直前の技術(ロバートヒルキ)

最初に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

こんちゃんです。今回は、ロバートヒルキさんの「TOEIC 直前の技術」という本のレビューや使い方、使うにあたっての注意点について紹介します。

この本は、すごく良くてオススメですが、ちょっと使い方を間違ってしまうと意味のない時間を過ごしてしまいます。

そこで、今回はこの本に書かれているポイントと、使い方の注意点について紹介していきたいと思います。

 

TOEICのテクニックが書かれている

まず、この本にはテクニックが書かれています。ただし、皆さんが勉強するべきことはあくまでTOEICの勉強であり英語の勉強ですそれにテクニックをプラスして、より効率的に問題を解いていきましょうというスタンスは忘れないで下さい。

テクニックばかり学んでも英語力は全く伸びません。これでは、結局自分にとって資産になりません。ちゃんと英語を学んでその結果としてTOEICで高得点を取るということが大事だと思いますので、そこの使い方は間違えないでください。

具体的にどういうものがテクニックとして紹介されていたのか、今回は2つだけピックアップして紹介したいと思います。

マークシートの塗りつぶし方

1つ目はマークシートの塗りつぶし方です。特にリスニングの問題は、解きながらマークシートを塗りつぶすのではなく、最後にまとめて塗りつぶすということです。

具体的に言うと、問題を解いている時はマークシートにちょっとマークするだけにします。リスニングが全部終わってからリーディングテストに移行するタイミングの1~2分で全部きちんと塗る作業をします。

このやり方によって、リスニング試験の先読みをする時間が確保できます。つまり、リスニングの正解率が上がりやすいということです。

非常に有効なテクニックですので、是非参考にして下さい。

リーディング本文の読み方

2つ目は、リーディング本文の読み方のテクニックです。ロバートヒルキさんは、「森」と「木」をしっかりと使い分けようと仰っています。

つまり、「森」が全体像で、「木」は細部になります。本を読むにあたって、まず最初は全体像「森」を掴んで、その後細部「木」を見ていくというやり方です。

具体的には、最初に本文のタイトルや見出し等の要所要所を読んでざっくりと全体像を掴みます。
その後に設問を見ます。
そこで、どういうことが聞かれているのか把握した上で、その答えが書かれていそうなところを探しながら木の細かい部分を見ていくというやり方になります。

これが本当に一番効率的に早く問題を解く方法だと思いますので是非参考にして下さい。

本文を最初から全部読んでしまってる人もいると思います。そういう方は読み方を改めて見ていただければと思います。

 

使い方が危ないテクニック

一方で、使い方が危ないのは、リスニング問題です。リスニング問題のpart2を解くポイントが本で紹介されています。

具体的には、「問題文で流れてきた単語と全く同じ単語が選択肢で出てきたら、これは不正解で、
消去法で選択肢を消していきましょう
」ということが紹介されています。

これは確かに参考になる情報ですが、このテクニックを使って練習をしてはいけません

このテクニックだけでリスニングの勉強をすると、全く英語の勉強にならないのでこれは本当にやめたほうがいいです。

実際、テクニックが大好きな人で、このようなテクニックをたくさん学んでいる方がいました。リスニングで「同じ単語が聞こえたからこれは違う」という、その基準だけで聴いていました。この方は非常にもったいないことをしていると思います。このテクニックを勉強する時間があるのであれば、その時間を英語の力を身に付ける時間に充てるべきです。

その結果、TOEICで高得点を取れれば、英語も身に付きますし、TOEICの高得点っていうステータスも手に入るしダブルメリットです。

リスニング問題のpart 2の練習をする時には、きちんと英語を聞いて問題を解いてください。その中でこのテクニックを知っていると、「確かに同じ単語来たから違うんだな」と、自信を持つことができます。そういう自信を持つための補足材料程度にこの知識は持っていた方がいいと思います。

まとめ

結論としては、この本はとてもいいので、ぜひ皆さんに買っていただきたいと思います。

ただ、使い方を間違えないでください。

今回は以上になります。ご覧いただきましてありがとうございます。

最後に見てね

僕について:TOEIC950点。トリリンガル(日・英・中)の元英語塾講師。妻は台湾人で日常生活は中国語。仕事は英語と中国語。日本語を忘れ気味。社会人のためのTOEIC学校を運営。詳細はプロフィールより。
LINE@では3か月で200点UPするための情報・5大特典などをお届けしています。また知らないと損する「1時間で50点UPする裏テク」もnoteで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。